年のはじめに「一年の計」を立てたことはなく、毎年、年の初めには、今年はどんな事が起きるかと、ワクワクしています。人の一生。いいことがずーっと続いてほしいけど、そうはならない。いい事もあるし、わるい事もある。だけど、その「わるい」と思ったことが、もしかした ...

余命一年なら、会いたい人には会い、行きたいところには躊躇なく行く!夏前に本を読んで、すぐに行きたかったけど、県境を越える移動制限や予約が取れなかったり、予定があわなかったり。「バイオサンビーム」で病気が治った青木秀夫風雲舎2021-07-15やっと行くことができま ...

どのような治療にするのかを決めるのは、自分です。もちろん、家族や友人に相談したり、本やネット情報などを調べはするけど、最終的に決めるのは自分です。自分の体だから、自分で責任を持つ。じゃあ、私が選んだ選択は正しかった?抗癌剤も放射線もホルモン療法もしなかっ ...

うちの子は、喜怒哀楽があまり表情に出ません。心の内では寂しかったり、嬉しかったりしても表情に出ません。だから、怒られることがあっても反省の色が見えず、不利です。心の中では心配していても、表情に出ません。私が熱を出して寝ていたときも、心配している様子も、大 ...

自分の胸ですからおかしい! なんかヘンだってことはわかっていたんです。じゃあなぜ病院に行かなかったのか。私が入院したら、手術したらその間、誰が子供の面倒を見るの?このことをずっと考えていたんです。全てに手が掛かっていました。学校の送り迎え、宿題や次の日の ...

これまで書けないことがありました。私には子どもがいます。成人していますが、発達障害があり、就労できていません。正確には、やりたいことがあるけど、今現在、収入には結びついていません。私がガンになり、余命宣告をされたとき、夫は、とても元気でした。料理、洗濯、 ...

やっと行けた皮膚科で、「大丈夫、すぐに良くなるよ」と言われて、この言葉だけで治ってしまいました。実際には、何もしていないし、治ってもいないのに。ドクターにこう言われたら、患者はどれだけ安心するか。その言葉だけで嬉しくって。言葉だけで治ってしまう。言葉が気 ...

2月頃から右足に何かできて、近所の病院に行ったら、検査の結果では水虫菌はでなかったけど、所見的に水虫でしょうと、塗り薬がでて、それを塗ったら悪化。その後、些細な傷からバイ菌が入ったらしく、足が大変なことになり蜂窩織炎に。総合病院の皮膚科に行ってみたけど、「 ...

↑このページのトップヘ