5099331_s


時々会う素敵な方。

その方は、まだ渡航が自由だった頃に

毎年アーユルヴェーダを受けにインドに

長期間行っていて、その話を聞くのを

楽しみにしていました。


あるとき、「ケーシーの映画を見たの。

すっごく良かった」と話されたのです。


ケーシーって?

あの怖いおじさん?








甲田先生の本は、

食養のコーナーにあるのですが、

一部の書店ではスピリチュアルや

精神世界のコーナーにもあり、

大型書店に行くと必ず立ち寄っていたのです。



そこで必ずと言っていいほど目にする

怖いおじさん。



表紙が怖すぎて、パラパラと本をめくって

みるも、中身が頭に入らず、

ちゃんと読んだことは一度もなかたのです。



そんなにいい映画なら、とすぐに観に行きました。


その方の言う通り、

予想を裏切らないいい映画で、

それから、ケイシーの本を

何冊も読むことになりました。





まだ自由に出歩ける頃だったので、
光田さんの講演にも出掛けました。
人生、どんなところで転機があるか
わからないものです。
以前に本屋で見たときは「怖いおじさん」
だったのに、それが時を経て、
「助けてくれるおじさん」になるのですから、、、



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング




スポンサードリンク