4年前の今日

余命を宣告されました。

5062178_s


余命一年と云われたとき、

複雑な気持ちが入り乱れました。



私が三大療法を選ばなかった

理由の一つに

その選択をしなくても元気にされている

方を知っていたから。




だけど、それをドクターに素直に

伝えてはもわかっては貰えないから、

云っていません。




たぶん、ストレートに伝えても、

全否定されて終わりだと思います。





他に方法があると分かっていても、

ドクターの云った余命一年は重く、

その後の私の人生を左右したと

云っても大げさじゃありません。




余命宣告を聞いたとき、

あと一年で死んじゃうんだ

と思ったのがひとつ。



もう一つは、

笑っちゃうけど、

余命一年の人ってこんなに元気なんだ!

って自分の事なのに冷静に受け止めて

いました。

一年後に死ぬようには思えないくらい

術後すぐでしたが、元気いっぱいだったんです。



生涯忘れることのない日。




余命一年と云われたから、

どんなことをしても生きてやる!

この体でその証を立ててやる!

と思って頑張ってこれのも事実。



その反面、

ちょっとした不調の度に、

やっぱり宣告通りなのか、と

思ってきたのも事実。




余命なんて誰にも決められない。

「今」生きていることに感謝して!

一瞬、一瞬の時を刻むだけ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング







スポンサードリンク