22365265_s

私の体のことを知らない

同年代が寄り集ったとき、

どこで死にたいか、の話になりました。


私が余命宣告をされたガン患者だと

知ったら、遠慮してこの話題には

なからなったかも、、、



どこで死にたいか。


自宅

施設

病院、、、



一昔前と考え方も変わってきている

であろうと思っていたので、

病院や施設が大半かと思いきや、

自宅で死にたいと、、、



在宅医療を受けつつ、家族に

見守られながら死にたいと

意外でした。




「私は、病院で死にたい」




清潔な環境で、ボタンを押せば

すぐに医療的ケアが受けられる。

病院が一番安心できると思っていました。



在宅だと、家族の手を煩わせそうだし、

在宅医療のドクターもすぐには

来てくれません。

だから、なんとなく敬遠。


私に在宅介護の経験がないので、

単なるイメージだけなので、

実際に経験してみると違うのかもしれません。

制度もどんどん変わってきているし、

病院が一番安心できると思ってきたけど、

そんな時代じゃなくなっているのかも。



ただ、ずっとそう思ってきたので、

病院で死ぬにはどうしたらいいのかと

考えてきました。(変な人)


まず、医療的なケアが必要でないと

入院はできません。

治ってしまえば追い出されます。


そういった意味ではガンが死ぬのが最適?


ただ、最近はガンでも在宅医療を

受けつつ、最期を自宅で迎えることは

可能なようなので、

私の病院で最期を、が叶えられるのかどうか。





まぁ、こんな話をすると縁起でも

ないとか言われてしまうのですが、

とっても大事なことだと思うんです。



万が一、意思表示できなくなったときに

希望が叶えてもらえるように、

普段から周りの人に、こうして欲しいと

伝えて置くのは大事だと思います。


若いとか、年とか関係なく。

いつ何時、どんな事態に襲われるか

誰にもわからないのだから。



自分だけの意見を押し通すことも

できないだろうから、家族や周りの人に

どう思う?って聞いておくのも大事かも。


病院にしろ、施設にしろ、在宅にしろ、

家族の手を煩わせることには変わりないから。


家族や、周りの人が望むことも

聞いてあげないと、、、




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング



こんな話を思いだしました。
喪服は、なにもない平時に準備をしておき、
いざとなったときに慌てないようにする。
なんだか、こんなことと通じるような気がします。






スポンサードリンク