2017年夏に【余命一年】と宣告されてから、もうすぐで4年になります。


まだ生きています!



これまでの経緯。

これからのこと。

刻々と変わる体の状態を綴っていきます。

突っ込みどころ満載ですが、

大きな気持ちで読んでいただけますと幸いです。(_ _)



------

2017年7月に原因不明の熱がでました。

その熱に加え夏の暑さもあり、食べられなくなってしまいました。


かろうじて水は飲めていましたが、

何日も食べられずに横になっているだけの状態で衰弱するばかり。。。

さすがにまずいので、近所の病院に点滴を受けに行きました。



2225095_s


-----------------

病院というのは不思議なところで、勝手に検査されます!

あなたの今の症状からは××が疑われ、その解明には××検査が必要である。

その検査をすると××円必要ですが、いかがしますか?

とは聞いてくれません。勝手に進んでいきます。


例えば、商売をしていてお客さんが来て、
モノを注文されてグレードがあったり、高価であったら
まず承諾を取ります。
「××円するのですがよろしいですか」
「高いのと安いのがありますがどちらにされますか?」


病院の会計に行ってビックリしたと言う話をよく聞きます。

せめてわかっている検査なら、次回××検査をします。××円くらいかかります。
と言ってくれてもいいのになぁって。

ド田舎在住の私の周りにはクレカを使えない病院がほとんど。
仮に使えても高齢化率が高く、電子マネーもクレジットカードも高齢者は所有していません。

とにかく病院は摩訶不思議なところです。
-----------------



エコー検査となりましたが、主だった所見はなし。


次に、CT検査となり、見つけて貰いました、じゃなくて

見つけられてしまいました。



実は、私は自分の体の異変を知りながらずっと隠していたのです。

誰にも話さずに、、、ずっと。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ





スポンサードリンク