余命宣告(4)の続き

ホント長くてすみません。まだ、続きます。




社会人になってから、

会社の人の勧めで会社近くの雑居ビルで開業している

診療所を紹介されました。

そこのおじいちゃん先生に処方されたのが、

ビタミンB6とB12

これで肌がずいぶん楽になりました。



4582847_s



その少し前、学生時代のバイト先の店長から

「おもしろい話があるから聞きに行こう」

「キヨバァが絶対に好きな分野だから」と誘われます。



今でも活躍されていて嬉しい限りですが、

森山晃嗣先生の「正常分子栄養学」「分子矯正医学」でした。

店長の予言通り、この話に惹かれ、通い続けました。

何十回聞いたかわかりません。30年以上前の話です。


森山先生が毎年、メキシコにあるゲルソン病院の視察に行かれてて、

その話も何度も聞いていたので、

がん=怖い と言うイメージがなかったんです。

このゲルソン病院に入院している

がん患者さんが明るくて!

がんになったらメキシコのこの病院に行きたいなぁって。(笑)




今のようにインターネットもないし、

通販も充実していないし、

サプリメントなんて概念あったかなぁ

診療所で処方されたB6とB12で良くなったように、

できる限り食べることに気をつける生活を送るようになりました。

でもまだまだ認識は甘く、

本当に体と向き合うのはもっともっと先。


有益な情報を知っていても、

いざ自分の身に起こらないと行動には起こせないものです。





でも、森山先生の話を聞いたので、

いまだに電子レンジを使ったことも持ったこともありません。

(なので、お恥ずかしい話、電子レンジの使い方がわからない)








-------

ここに書いてあることは、素人の私が試した各種療法や食事などであり、

これをどなたかに推奨するものではありません。

また、現代医療を否定してもいません。

今でも具合が悪かったらまず病院に行きます!






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ








スポンサードリンク