余命宣告(7) の続き


甲田療法で自律神経失調症と花粉症は症状は改善されましたが、

アトピーだけは、スッキリしませんでした。


その頃話題になっていた糖質制限をはじめてみることにしました。


超少食玄米菜食から肉食への転換ですから、

私も思いきった事をするものです。

だけど、自分の体で試してみないと気が済まないんですよね。


4597242_s



糖質制限をして、よかったことと、悪かったこととあります。


よかったこと、糖質ときっぱり縁が切れたこと。

悪かったこと、少しだけ花粉症が再発したこと。



そして、運命の2017年 がやってきます。


大きな病院に紹介状とデータを持って行きました。

持って行ったデータなんて使いません。

やれ画像が鮮明じゃないだとか、なんだとか。

検査は全てやり直し!




病院は摩訶不思議なところですから、勝手にあれこれ検査です。

コツシンチします!

説明なし。

「まず説明してください」とお願いしました。

どんな字を書くのかそこからお願いしますと。

骨シンチグラフィー

できればもう受けたくない検査の一つ。




私は、手術はしてほしかったんです。

それは、出血を止める手術を。

がんを取り除くことは希望していませんでした。

だって、がんは私の一部だから。

(ね、考えが変わっているでしょ)




なので手術方法、、、でドクターと意見がかみ合いません。

まず、全摘か部分摘か、検査をしてウンヌン





ガイドラインがあるのはわかるけど、

自分の体なのに、手術のオーダーも出来ないんです

そんな権利は患者側にはないんだと、

思い知らされました








-------

ここに書いてあることは、素人の私が試した各種療法や食事などであり、

これをどなたかに推奨するものではありません。

また、現代医療を否定してもいません。

今でも具合が悪かったらまず病院に行きます!






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ







スポンサードリンク